ゲームプログラマーを目指して資格を取得【目的に合わせて利用する】

MENU

プログラマーの仕事とは

ゲーム

プログラマーを目指すには

ゲーム好きな人なら誰でも一度は、自分が考えたゲームを作りたいと思ったことがあるのではないでしょうか。しかしいざゲームを作ろうと思っても、主人公や敵などのキャラクター、街や戦闘シーンで使用する音楽を作成し、プログラミングをしてそれらを動くようにしなければなりません。ゲームプログラマーは、そんなキャラクターや音楽をプログラミングで動くようにするのが仕事です。具体的なゲームプログラマーの仕事として、キャラクターが敵に接触した場合は体力を減らす、障害物に当たった場合はその場に停止するなどのコリジョン判定や、プレイヤーのキー入力を受け付けて、キャラクターがその都度適切なアニメーションをするようにプログラムを組みといった事をしなければなりません。また、キャラクターをこう動かしてほしいといった、グラフィックデザイナーの要望にも応えなければなりません。ゲームプログラマーを目指すために資格の取得を考えている人もいると思います。ゲームプログラマーがとるべき資格ですが、やはりプログラミング関連の資格でしょう。C言語やRuby、Javaといった言語は、ゲーム開発の現場でよく使われる言語です。これらの資格を取るために勉強していけば、どんどんプログラミングの技術と知識が入ってレベルアップが期待できます。また、ゲームプログラマーはキャラクターを扱いますので、グラフィックの勉強をしていれば、グラフィック関連の資格もとれて便利でしょう。

Copyright© 2018 ゲームプログラマーを目指して資格を取得【目的に合わせて利用する】 All Rights Reserved.